<< あなたへ。 | main | 魔法の暗示 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
地獄のインフルスパイラル!!
1月25日(水) 

ジョッスィが発熱 
小児科でインフル検査をするが、陰性 
普通の風邪だと思って安心してしまう。 


1月26日(木) 

私も発熱してしまう。 
ミジュハのお宮参りだけど、発熱中の私とジョッスィはお留守番。 


1月28日(土) 

ジョッスィの熱が再度上がってきたので、念のため小児科へ連れていくと 
インフルエンザA型と出るげっそり 
もう治りかけだし薬はなし。 

「お母さんも絶対調べておいて」と小児科の先生に言われたとの事で 
病院へ行ってみると、私もインフルA型陽性げっそり 

イナビル吸入薬を処方される。 


2月1日(水) 

旦那さんが発熱 
病院で検査はしないものの状況から考えてインフルだろうとのこと 

イナビル吸入薬を処方される。 


2月2日(木) 

私の父が発熱、翌朝(3日)ふらふらになっている。 
朝病院へ行き、インフル検査をするが、まだ結果は陰性だったが 
状況から考えてインフルだろうとのこと 

イナビル吸入薬を処方される。 



2月5日(日) 

ついに生後1ヶ月のミジュハまでが発熱。 
体を触るとなんとなーく温いな、くらいだったが気になったのではかってみたら 
38℃超えてた涙 
箕面の小児救急へ家族で行く。すごい数の患者さんが待っていた! 
インフル検査はしなかったが、状況から考えてインフルだろうと。 
念のため他の細菌感染などが原因ではないか、血液検査もするが異常なし。 

月齢が低いので、入院も覚悟したけど、 
おっぱいも飲めてるし、ぐったりはしてないので、入院は免れる。 

タミフルと、痰切りシロップを処方される。 
スポイトももらって、これで無理矢理飲ませる。 


※インフルの免疫は産まれた時の母体免疫にはないらしく 
生後1ヶ月でもかかってしまいます。 
私が今回かかって出来た抗体が母乳を介して入るというのを 
ネットで見ましたが、そのおかげで軽く済んだのかも。 
もうかかってしまったから、そうでも思わないとなあせあせ 




2月6日(月) 

ミジュハの熱は37.2℃まで下がってきた。 
あとは回復していくだろう右斜め上 






私の祖父(80歳超えてます)もどうやらいつからかしんどいみたいです。 
病院へ行かなかったらしく、咳がひどくて、最悪肺炎になってるんじゃないかと心配ですあせあせ 

今日病院行ったのかな? 


ウチはもうかかる人がいない、全滅なのですが 
実家のメンバーはまだかかってない人がいるので 
そっちでも蔓延が続くのでは…と心配しておりますげっそり 

80歳超えた祖父母が心配です。。。 




きっついウィルスが蔓延してるので、皆さんもお気をつけて下さいねぇ泣き顔











* 12:59 * comments(0) * - *
スポンサーサイト
* 12:59 * - * - *
 コメント
 コメントする