<< めでたいネイルと、食堂みかつきでランチ♪ | main | 音楽療法に号泣 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
丹生川上神社でお清めの水汲み
先日、奈良県吉野の「丹生川(にゅうかわ)上神社」という所へ行ってきました。 


高速道路降りても尚、1時間くらい走ったところにあるという長い道のりでした。 


丹生川上神社というのは、水の神様を祀っている神社で 
上社、中社、下社の3つがあるそうです。 


近い所にあるのかと思いきや、それぞれがめっちゃ遠いexclamation ×2 


とりあえず調べて、水汲みができるのは中社だというのが分かり 
途中コーナンでポリタンクを購入し(笑)、まずは中社へ向かいましたダッシュ(走り出す様) 






着いて思ったことは、思ったよりすごーい本格的な神社だといういう事ぴかぴか(新しい) 
小さな小さな神社を想像していたので、そんな事はなく、とても立派な神社で 
しかも周りの木々も神聖な空気をかもし出しており、 

境内の横には、千年杉もどどーんとあって、かなり立派でしたぴかぴか(新しい) 









近くからは見上げても見上げても一番上が見えないあせあせ(飛び散る汗) 
もちろん画像ではてっぺんが撮れないくらい、高い杉の木でした。 





中社では、水の女神様を祀っており、お清めの水が井戸から湧き出ています。 
私たちもこれを頂いて帰りました。ありがたや〜うれしい顔 







神社の前には、キレイな緑色っぽい色をした川が流れています。 

寒かったけど、ジョッスィはここで大はしゃぎでしたうれしい顔 






すごいありがたい空気が流れていて、 
気がついたら、1時間くらいブラブラしちゃいましたあせあせ 


私も神聖な空気に触れ、お腹が変に張ることもなく 
すごくいい時間を過ごせたと思います。 



こちらで、安産祈願のお守りと、お神酒を父のために買って帰りました。 



旦那さんが神主さんに聞いた所、 
上社と中社と下社があるのは、まず最初はこの中社が建てられたと。 

しかしその場所じゃなかったという事で、別に上社が建てられたんだけど 
やっぱりこっちも違った、という事で下社が建てられた、 
けど結局中社だったよ!的な流れだという(笑) 


なんという適当エピソードexclamation ×2 







神様を祀ると言ったって、日本人てのは適当なんだから〜w 






と思いつつ、せっかくだから上社にも行ってみようという事で 
そこから45分くらいかけて移動〜車(セダン) 




着いてみてビックリ目あせあせ(飛び散る汗) 


ん?さっきの中社の神聖な雰囲気はいずこへ??? 


と思ってしまうような、きらびやかな… 
悪く言えば、金のニオイがしまっせ的なうまい! 




馬どーーーーーんexclamation ×2 




キラキラどーーーーーんexclamation ×2 






顔はめパネルどーーーーーんexclamation ×2 




なんでしょう。 この差。 



丹生川上神社は、絵馬発祥の神社らしいので、馬があがめられるのは分かりますが 
境内前の馬どーんには、なんとなくやらしさが見え隠れしあせあせ(飛び散る汗) 

残念ながら私たちには、ありがたみを感じることができませんでした(ゴメンナサイ)あせあせ(飛び散る汗) 




下社も行ってみたかったけど、もう時間も遅かったし、 
またこんな感じだったらという事で、諦めて帰路につきました。 


http://www.genbu.net/data/yamato/nyusimo_title.htm 

今調べたら、上社よりはまともっぽいw 




ま、私たちが行きたかったのは、ミズハノメノミコトさんが祀られている中社だったし 
(他はまた別の水神様らしい) 
ある意味、違いを見れて、中社のありがたみが増したので良かったという事でウッシッシ 




なかなか楽しい旅でしたぴかぴか(新しい)





















* 13:08 * comments(0) * - *
スポンサーサイト
* 13:08 * - * - *
 コメント
 コメントする