<< オイラはジョッスィ!! | main | 上新庄のうどん屋「一心」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
7年経ちました。
2月2日は
母が亡くなった日。

もう7年も経ちました。

今日は夜にちょっとだけですが
家族3人で、お墓に会いに行きました。

ジョッスィに
「ばあちゃん、会いに来たよー。
元気だよー。」と
言ってもらいましたモグモグ


すぐそばで見ていた気がするなぁ。


ジョッスィは8月だけど
母の月命日に生まれました。


今、一緒にお布団の中で
先程、ジョッスィが眠りに落ちましたが
頭を撫でながら、小さな小さな声で言いました。

「お母さんは幸せだよ。
ジョッスィといれて幸せだよ。
生まれてきてくれて
ありがとう。
お母さんのところに来てくれて
ありがとう。」


お母さん、ありがとう。


* 22:44 * comments(4) * - *
スポンサーサイト
* 22:44 * - * - *
 コメント
みゆさん、私はまだ両親がいるので、親を亡くした気持ちがわかっていないかも知れませんが…。

不思議なもので、命日が誰かの誕生日と近かったり、月命日だったりすることが多いみたいに思います。何か繋がりとかメッセージがあるんでしょうね。

お母さんの黄色い水仙がとても印象に残っています。今のみゆさんの仕事やアロマの世界に導いてくれたお母さん、ジョッスィ君をみゆさんに逢わせてくれたのもお母さんかも知れないですね。

みゆさんのいろんな優しさや穏やかさは、きっとお母さんを思う気持ちから作られているんだろうなと思います。

命を考える日、家族みんなで穏やかに過ごせたことは何よりですね。
** ふわりん * 2010/02/03 3:40 AM *
■>ふわりんさん
黄色い水仙の話、今のお仕事に導いてくれたのかもという話、
覚えていて下さってありがとうございます(^^)
究極の話、ジョッスィは母の生まれ変わりではないかと
思ったことさえありますw

>みゆさんのいろんな優しさや穏やかさは、
>きっとお母さんを思う気持ちから作られているんだろうなと思います。

ありがとうございます。
そっか… 考えてみたら、母がまだ生きていたとしたら
そこまで考えることもないかも知れなかったし
今の気持ちの自分とはやっぱり違っていただろうと思いました。

でも親というものは、年齢的にいっても
子供である自分より先に亡くなってしまうものというのが
ある程度覚悟ができるものですからね…
(7年経った今だからこう思えるのかも知れませんが)

妻を亡くしたことになる私の父、
さらには娘を亡くしたことになる私の祖父母の方が
もっともっと辛かったのかも知れませんね。
** あんだんて☆みゆ * 2010/02/03 12:33 PM *
私が施術に行った日がそんな日だったなんて
いつもと変わりなく接してくれたみゆさんでしたよ・・

私の周りにも両親どちらかを亡くされた方々いますけど
ほとんどがみゆさんのような人の役に立ちたい!
といったお仕事につかれている方が多いように思います。

そういう気持ちが強くでるのでしょうね。

みゆさんに会うとすごく癒されます。
きっとジョッスィくんもダンナさんも毎日癒されてるん
だろうなと思いますよ〜
** ヒロ * 2010/02/05 11:05 AM *
■>ヒロさん
時が経っているせいか
もう悲しみというよりは
キレイな思い出ばかりが残っている感じです。

それにいつでも見守ってくれている気がしますし
だからいつも通り過ごす事ができるようになりました。

旦那さんやジョッスィが私に癒されているかは
分かりませんが(笑)

少なくともヒロさんが
そう言って下さるだけで嬉しいです♪
ありがとうございます☆
** あんだんて☆みゆ * 2010/02/07 10:09 AM *
 コメントする