<< 10月【残暑疲れを秋に持ち越さない】キャンペーン!! | main | サンマ!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
「許す」ということ。

人を拒絶する事は、簡単だ。


でも人を許すのは、その何倍も難しい。


自分自身を許せていない人は、人を許すことも難しいだろうね。





例えばだけど…

幼い頃から、「ああしなさい、こうしなさい」、「あれしてはダメ、これしてはダメ」と
厳しく躾けられてきたとか。

自分に厳しく
他人にも厳しく  が身に染み付いているとか。






人はわざとでなくても、過ちを犯してしまうこともある。

悪気はなくても、相手を傷つけてしまうこともある。


それを許せなくて、その人を拒絶することは、簡単だ。


でも相手の言い分もあるかも知れないし、
もしかしたら実はこんな風に思って言っただけなんだけど…
そういう風に捕らえてしまったのね…とか

お互いの勘違いも大いにあり得ると思う。



拒絶したら、それすら分からないまま。
伝わらないまま。



それで人間関係が途切れてしまうとしたら、もったいないと思いませんか。




拒絶することって、結局は自分の範囲を狭めているだけな気がします。



それより、もうちょっとイイところを探してみようとか、
こちらの勘違いだったかな?とか、幅を持たせて人と接した方がお得だと思うんだけど。


まぁ、それでもどうしてもダメな場合もありますけどね。

それは残念だけど、そこまでのご縁であったということですね。




人を許すことは、自分自身を許すこと。


「まぁいいか」と思えた方が、
きっと人生楽しいはず。


私は、そう思います。





--------------------------------------------------------------------------




先日、【あんだんて】の郵便受けに、こんな素敵なおハガキが届いてました


あなたに会えました

先日、京都ルーヴル美術館へ大人の遠足へ行った時に、
色々と幹事役をして下さっていた、メイユールさんからでした

メイユールさんは、ベビマ教室や、絵手紙教室もされている方です。
Meilleur 〜メイユール〜



さすが、この絵手紙も味があって
あなたに会えました。っていうのがまた…
すごーく胸があったかくなりました


本当に嬉しかったので、ブログでの紹介と
ご覧の通り(笑)、【あんだんて】で飾らせて頂いております




私もちょっとは絵手紙かじったこともありますが(自己流で)
また描いてみたくなりましたねー





--------------------------------------------------------------------

最後に

「許す」ということ。

子供は自我のかたまり。


ジョッスィは特に、今2歳なんで
自我中の自我、真っ盛り


こないだなんて、朝食にゆで卵をむいて出したら
それを見た途端、泣き崩れて、床に伏せて
しばらくごはん食べようとしてくれなかったよ。

きっと自分で卵をむきたかったんだと思う



さらに最近は、また夜泣きも復活してきちゃって
相方さんにドライブ連れてってもらったりと、ちょっと大変な夜が増えてますが

親子って、許すとか、許さないとか
大きい意味での、そういう枠を超えちゃってますよね。


あ、色んなケースはあると思いますが





こんな風に、パっと振り返ったら
私の帽子をかぶって、普通〜にTV見てたりしたら
笑って許しちゃうと思います

ピースしてるし

帽子ジョッスィ




















あなたは自分自身を許せていますか?
にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ






* 13:23 * comments(0) * - *
スポンサーサイト
* 13:23 * - * - *
 コメント
 コメントする